カテゴリー: 上物玄関設備

問題発生 靴箱に扉は必要か?

どうも、しょーじんです。
世間はお盆休みに入りましたね。私の会社も5連休で16、17日に休暇を取得すれば9連休になるという正月よりも休める可能性のあるお盆休みだったのですが、私は16、17日に講習会が入ってしまい休めません。。

さて、そんなタイミング!?で1点問題が発生しました。それは玄関の土間収納部分に設ける靴箱なのですが、私の確認不足ということもあるのですが、靴箱はすっかり扉付きの靴箱が付くと思っていたのですが、実際には棚板のみのオープンな靴箱となっていることが判明しました。図面を見て扉が付いていると思い込んでいたんですよね。

問題の図面はこちらです⇓⇓

私も妻もすっかり扉付きの靴箱が付くと思っていました。
この左側のの3本線は何でしょうか?よくよく見ると扉の場合とは描かれ方が違いますね。

設計士さんに靴箱ってどんな感じになりますか?って問い合わせて判明したのですが、設計士さんからは元から見積もりには元から棚板分しか計上されていませんとのコメント。。まぁそれはそうなんでしょうけど、素人に見積書からシューズクロークの仕様を判断しろというのは酷だと思います。妻は結構お怒りでした。。

打ち合わせの際に話をしてくれていれば、靴箱代を予算に含めて進めたり、または事前に匂い対策として天井付けのナノイー発生器を設置することができたのにと考えてしまいます。既に電気工事関係は完了してしまっているので、埋め込み式ナノイーは余計なコストがかかりそうですし、扉付き靴箱を追加するには10万程度かかりそうです。この終盤で10万の追加金は痛いです。。

どちらにするか決めなくてはいけないのでそれぞれのメリットデメリットを考えてみました。

扉付き靴箱
メリット
・匂いが広がらない
・とりあえず靴を中に入れておけば見た目スッキリ
デメリット
・10万程度のコスト
・扉が付くと土間収納内に圧迫感が出てしまう

棚板のみの靴箱
メリット
・コストがかからない
・土間収納内が多少広く使える
デメリット
・匂いが広がる可能性大
・靴が散らかって見えてしまう?オシャレにディスプレーする自信は全くありません(^_^;)

匂いの問題がなんとかできれば現行の棚板のみで進めることにはなると思います。
この段階でのコストアップはできれば避けたいので。。

とりあえずはいくつかスルガ建設側に質問をしているので、回答をみて考えたいと思います。

それではこの辺で。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

作成者:

神奈川県在住の30代の2児の父です。 仕事、子育て、趣味に日々奮闘中! 自宅SPEC UA値0.28W/m2K、C値0.4㎠/㎡(中間試験)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA