カテゴリー: ガス代光熱費

我が家のガス料金~エコワンの実力~

こんにちは、しょーじんです。

ガス料金の明細書が届きいたため記事にしたいと思います。

我が家は補助金を貰う関係でプロパンガスですが、キッチンはIHにしているため、ガス代金は給湯のみにかかってきます。

契約内容は基本料金1,500円、従量料金1㎥当たり300円(税別)となっています。

さて、実際の料金がこちらになります。

なんと衝撃の1801円!!

明細を見て思わず「安っ!」と言ってしまいました。

我が家の給湯器はリンナイのエコワンというガスと電気のハイブリット給湯器なので、実際には上記ガス料金に加えて給湯には電気代がかかっています。
それを考慮した光熱費がこちらです。

最近の給湯器はスマホで色々と確認できるのですね。
電気、ガス、お湯(水道代?)合わせて月3030円という金額です。

我が家は今の季節は基本シャワーで2、3日に一度風呂に浸かるといった感じですが、引越前に比べてガス代は半分程度になっています。

ランニングコストは恐ろしいくらい良いのですが、初期費用が結構するのが難点ですね。。
これは数がもっと出てくれば自然と金額は下がってくると思います。

まだ出て間もない?給湯器ですので、耐久性が気になりますが、ガスユニットと電気(ヒートポンプ)ユニットは別々に交換可能となっているので、少なくとも片方壊れたから1式交換とならない点は良いところかなと思います。

ガス住宅において光熱費の救世主となるかもしれない、エコワン、新築でこれから建てる人は是非検討してみてはいかがでしょうか。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 未分類

衝撃のミス~排水ホース接続忘れで水浸し~

ご無沙汰しています。しょーじんです。

気が付けばいつの間にかBLOGが更新できずに1月弱経ってしまいました。

今回はスルガ建設の是正作業で衝撃的な事件が発生した為、記事にしたいと思います。

是正作業の一環として本日トイレの自動水栓関係の位置変更と風呂水のノコリーユECOの配管接続を行っていただきました。

問題が起こったのはノコリーユECOの配管接続です。
そもそもノコリーユECOの配管をスルガ建設が忘れていたので、きちんと施工してくれていれば今回の問題は発生しませんでした。。

配管接続を行うにあたり、壁をはつる必要があり、その為に洗濯機を移動させて作業を行ったようなのですが、その際に排水ホースを外して戻さずに帰ってしまいました。

我が家はいつも夜に洗濯機を回してドラム洗濯機の乾燥と一部を部屋干ししているのですが、その洗濯機を回している時に事件は発生しました。

なんか洗面所からじょろじょろと音がするなーと思い、洗面所を確認したところ、洗面所が床一面水浸しになっていました。

この写真はある程度水を処理してから撮ったものですが、見たときは本当にびしょびしょでした。。

洗濯機の下を覗いたところ、見事に排水ホースが付いておらず、洗濯機下はまだ水が残っているのが確認できます。

漏れた水は洗面所だけに留まらず、床下にも大量に浸水してしまいました。

リビング下まで浸水しているのが分かります。

とりあえず床下の処置は諦め、洗面所の水を処理した後はコインランドリーに向かいました。
スルガ建設には排水ホースが付くまでのコインランドリー代を請求しなくては。。

事件が発生したのは10月30日ですが、この日は私の30回目の誕生日でした。
家族に祝ってもらい、良い感じで誕生日を終えられそうだったのですが、最後の最後で最悪なアクシデントが発生してしまい、コインランドリーで誕生日を終えました。。

次から次へと話題を提供してくれるスルガ建設ですが、全く嬉しくない誕生日プレゼントをいただきました(怒)

担当営業と作業にきた現場監督には22時に留守電を入れましたが、まだ連絡は来ていません。
これから営業にメールを入れなくては。。

スルガ建設がどのような対応を取るかはまたご紹介したいと思います。
それではこの辺で失礼します。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 温湿度管理

温湿度モニタリングを開始します

どうもしょーじんです。
最近は過ごしやすい気候の為、エアコンが付いてからまだ一度も起動させていないません。

我が家にはちゃんとした?温湿度計がないため、部屋の温度を澄家(第一種換気)のコントローラーの表示で確認していますが、おおむね23~26度を表示しておりリビングの温度は比較的安定しているようです。

WEB内覧会を行うと言っておきながら、今回は別のお話です。

先ほど申し上げたように我が家には温湿度計がないため、今後の空調稼働に備えて温湿度計を購入しました。

今回購入したのはこちらです。1個3800円弱を5個購入しました。

Inkbirdのセンサーはボタン電池仕様のものがもう少し安く(2300円)で売っていたのですが、ボタン電池(CR2477)の交換が高くつきそうだったので、初期費用は掛かりますが、IBS-TH1 Plusにしました。

さて、届いたので電池を入れて起動してみたのですが、

一台だけ他よりも1℃弱高いです。
しかし、こちらのセンサーは外部プローブを接続することで液体の温度が測定できるのですが、そちらを繋いでみると

他と同じくらいの温度表示になりました。
これで何とか同じ基準で家全体をモニタリングできそうです。

しかしまだ問題があって5個のセンサーはそれぞれ同じくらいの温度表示なのですが、澄家のコントローラーの表示よりも2℃程高いんですよね。このままではどちらが正しいのか分からないので、職場にて確認してきました!

左のデジタル温度計はJCSSという認定機関で正式に校正を実施してもらった温度計で、1年間の正確な温度表示が保証された温度計になります。
※JCSSとは、Japan Calibration Service System の略称であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度を表しています。

この温度計の表示は25℃の時に24.84℃で表示されるとされているので、実際の表示に0.16℃加えた温度が正しい温度になります。
それから考えると、24.3-23.04≒1.3℃の表示ずれが発生していることになります。

Amazonの商品ページには温度精度は±0.3℃となっているので、公式精度よりも1℃程度ずれていることが分かります。
モニタリングすることに関してはずれていてもそれを考慮して考えれば問題ないのですが、購入した5個全てが外れを引いてしまったというのは少し残念なので、メーカーに問い合わせしてみたいと思います。

使ってみた感じはBluetoothで接続し、スマホから情報を確認できるので、便利ですよ。

出てきた数値から1.3℃引くので、我が家のリビングは23.6~26.1で推移しているということが分かります。

それではこの辺で失礼します。次回こそはWEB内覧会を。。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 上物電気関係

電気工事作業~コンセント増設、防犯カメラ設置、人感センサー調整、ドアホン玄関ロック~

少しずつ部屋も片付いてきて新生活にも慣れてきたしょーじんです。

我が家はまだ是正個所がいくつか残っていますが、それもblogのネタになると思い、前向きに過ごしていきたいと思います(笑)
実際に是正に立ち会う妻は大変そうですけどね。。

さて、本日は電気屋さんが来て作業をしてくれました。
作業内容としては以下になります。

  1. コンセント増設 3カ所
  2. 防犯カメラ設置
  3. 人感センサー調整
  4. ドアホン玄関ロック設定

1.コンセント増設 3カ所

コンセント増設3カ所のうち、2カ所は打ち合わせ中の話に出ていたのに、色々と話が進んでいた中で電気配線図から漏れてしまっていた(汗)ものの追加、もう1カ所は太陽光のモニターが常時ACアダプタ着用のものであることが判明し、既存のコンセントを1口占領されるのは困ることから追加をお願いしたものになります。

上記2カ所の追加は問題ありませんでしたが、太陽光モニター用のコンセントが増設されていませんでした。。
再度是正の依頼です。


2.防犯カメラ設置

我が家は防犯カメラを施主支給で行う予定で、先行配管を組んでいてもらっており、本日設置作業でした。
防犯カメラはコストコで購入したQ-Seeの4台セットのものになります。
Amazonでは似たようなものが5万円強で売っていますが、コストコでは確か購入当時3万円程度だったと思います。
4台セットですが、我が家では3台を使用(玄関、駐車場、勝手口)し、1台は予備として保管しておこうと考えています。
こちらは防水でないのが難点で、駐車場のカメラはカーポート内に設置予定の為、現在はケーブルのみ伸ばしてもらっている状態です。


3.人感センサー調整

我が家は人感センサーをいくつか導入しており、概ね満足しているのですが、トイレと駐車場、勝手口のライトについて調整と確認をお願いしました。
トイレについては、センサー反応後に1分間反応がない場合は電気が切れてしまう設定のようで、便座に座っていてすぐに暗くなってしまいます。私は手を伸ばせば何とか反応するのですが、妻は手を伸ばしても反応しないようで、時間を5分程度に変更できないかと調整を依頼していました。工務店からは時間調整可能なタイプのものですと言われていたのですが、照明自体に私が設定を変更できるような場所はなく、電気屋さんに見てもらったところ、時間は1分しか設定がないとのことでした。
これでは使い勝手が悪すぎる為、是正を依頼しました。スイッチでセンサーを反応させるタイプに変更する等検討していただけるようです。※我が家のトイレの照明スイッチは人感センサーありきだったので、トイレ内にスイッチを設置しました。

次に駐車場と勝手口の照明が人感センサーのものを依頼していたのですが、どうもずっと点きっぱなしのようなので確認をお願いしました。
結果としては、駐車場のライトは設定が変わっていただけのようで、照度を考慮して暗い時のみ人感センサーで点灯するという設定にしてもらいました。勝手口のライトは人感センサーになっていないとのことでしたので、工務店に問い合わせると、センサーのユニットを追加すれば対応可能(そもそもが付け忘れ?)とのことで、対応していただけることになりました。


4.ドアホン玄関ロックの設定

こちらは設定というかケーブルを繋いでもらっただけです。
我が家はリビングから来客時に玄関ドアのロックを解除したいということでオプションでスマートキーとドアホンを施錠可能なものにしました。
引き渡し時は玄関ドア開けてすぐの位置にロックのインターフェースがあったので、これリビングにないといけないやつじゃないの!?となったのですが、インターフェース自体はドアから1Mだか1.5M以内に設置しないといけない仕様のようで、ドアホンにて遠隔ロックできる仕様にしてもらっていたとのことでした。
誰かのblogでインターフェースでリビングから施錠状態が一目で把握できて便利♪といった内容を見たはずなのですが、それはたまたまドアとリビングの位置が近かったのかな?

ドアホンだと現在の施錠状態はいちいちモニターをONにしないと分からいのですが、まぁそんなに閉め忘れるものでもないし、施錠開錠のタイムラグは全然ないので、良しとします。何より子機からも開錠できるようになったので、2階にいても鍵の開閉が可能になったというのはだいぶ便利ですね(^-^)


生活も落ち着いてきたので(まだカーテンはありませんが(;^_^A)
次回からはお楽しみ?のWEB内覧会を開催したいと思います。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 災害

我が家の台風被害

台風24号の風は凄かったですね。今年は神奈川(湘南エリア)は比較的台風はそれていて被害という被害はなかったのですが、今回の24号に関しては雨と風が強く、夜中になかなか眠れない状態でした。

我が家は南側が畑になっていて風を遮るものがないため、風をもろに受けてしまい、家が少し揺れました。リビングから見た南側の景色はこんな感じで非常にのどかで気に入っていますが、こと台風に関しては考え物ですね(^_^;)

さて、そんななか我が家では台風被害により自転車のカバーがなくなってしまいました。
なんだそんなものかと思われるとは思いますが、これは引っ越しに伴い購入したもので、まだ買ってから1週間も経っていませんでした。。
しかも購入したのは2000円程度の安物があるなか、悩んでどうせならと4000円弱する結構いいやつだったのです。
カバーは自転車に掛けて飛ばないように自転車を物置に斜めに立てかけておいたのですが、朝になって確認すると自転車は斜めのままなのにカバーだけなくなっていました(涙)

今回は4000円程度で被害が済んで良かったと思うしかないですね。

しかし問題は次に買うカバーは果たして安物にするべきか、それともまたいいやつを買うべきなのか、悩ましいところです。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 住み替え

念願の引き渡しかと思いきや引き渡されない(怒)

ご無沙汰しております。しょーじんです。
実は28日から住み始めているのですが、ここでもトラブルが多発しておりました。
本当にネタには困らないブログです。。

先ずは24日に引渡しで前日に進捗を確認した際は問題ありませんと言われていたのに実際に当日現場に行ってみるとがっつり宅外作業してる!宅内も設備が取り付けが途中だったり、そもそもまだ水道が通っていないという事態。。唖然としましたね。。現地に到着して話すまで何も連絡はありませんでしたから。

住んでいた家の明け渡しがある為、ケツが決まっている状態なので、進捗状況についてはちょくちょく確認をしていましたが、その度に問題ありませんと言われていました。
何をもって問題ないと判断したのでしょうか?残念ながらスルガ建設には工程管理能力がないとしか言えません。

結局引渡し予定日当日になって引き渡しができないという考えられない事態に陥りましたが、明け渡しは変更できないため、住むところがなくなってしまいます。
その件についてスルガ建設からは引越予定日から入居可能になるまで2日かかるということで、2日分のホテル代を出すという提案を受けました。
幸い私は妻の実家が近くにある為、実家に泊まらせてもらえることになりましたが、昼間は私が仕事の為、妻一人で3歳と0歳児をホテルで面倒みるというのは相当にストレスが溜まることになったでしょう。身の回りのことをなんでもやってくれる高級ホテルであれば良いですが、提示された金額はそんなことはなかったので、実家が近くになかったらと思うとぞっとします。。

既に引っ越しは26日に確定していたので、荷物の搬入のみ行い、26、27日は妻の実家にお世話になり、その間に未完了部分の工事を行うことになりました。
ホテル代は泊っても泊らなくても1定額を支払っていただけることで話はつきました。
結局27日の夕方まで水道管(下水管?)の工事は行われていたので、なんで24日に引き渡そうとしたのか謎です。。

その他打ち合わせの内容が反映されていなかったり、色々と問題がありました。。
詳しくはまた別で紹介します。

現在は仮設キーでの生活をしており、本日ようやく正式な引渡しになるのですが、まさかの台風到来(-_-;)早く玄関をリモコンキーで開けたいです。。

まだ全然荷物が片付いていないため、なかなかブログに手が回りませんが、時間を見つけて少しずつ更新したいと思います。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 上物設備

キッチンにて不具合発生!?

どうも、間もなく引き渡し、引っ越しなのに親戚の結婚式で地元の鹿児島に帰省しているしょーじんです。

日曜に結婚式、月曜に戻ったらそのまま引き渡しを受けるというなかなかの強行スケジュールとなっております(^_^;)

引っ越し準備でblogを更新する時間がなかなか取れなかったのですが、実家では夜にやることがなく時間がとれました(笑)

さて、帰省する前に現場を確認した際に一点衝撃的な事がありましたので、今回はそのお話をさせていただきます。

このキッチンの写真の中にある問題が潜んでいるのですが、何が問題か分かりますでしょうか?

正解は…

そう、キッチンフードの高さが1500もないのです!!

私の身長は176cmなので、レンジフードは完全に目線より下にあります(笑)妻は152cmですが、それでも頭が当たる危険がありそうです。

私は普通に立つと手元が見えません(笑)男はキッチンに立つなという工務店からの無言のメッセージでしょうか?(;^_^A

我が家のレンジフードは同時給排気型なのですが、通常の排気に加え、吸気も行う為その分ダクトが増えて天井が下がるとは言われていました。

しかしこれは流石にないでしょ!?ということで設計士と現場監督にメールにて問い合わせを行いました。

その回答としては「レンジフード高さは現場へ既にこちらから指摘させて頂いており、本日是正に入る予定だったと思います。」

とのことで、既に対応はしていただいているようです。

しかし、なぜ最初から気付かないのか。。取り付けたのは設備屋さん?とりあえず図面通りに取り付けたという事なのか。謎です。

別件になりますが、プロパンガスの業者から「現地確認したが、まだボンベが設置できる状態ではない。入居日に変更はないか?」と心配されてしまいました💦

一応工務店からは何も連絡受けていないので変更はないと伝えたのですが、物流の関係?で入居日にボンベが設置間に合わない可能性があると言われていました。

果たして無事に入居日にガスは使えるのか?こちらも聞いてみなくてはいけません。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 住宅性能未分類

我が家の耐震等級は?

どうも油断するとすぐにblogを放置して数日経過してしまうしょーじんです。

今回は我が家の耐震等級についての投稿になります。
先に言ってしまいますと今回は愚痴のような内容になってしまいます。
ご了承ください。

我が家は在来工法ではなく、2×6です。
そしてMIRAIEという制震ダンパーも採用しています。

今はHPからはいなくなっていましたが、以前は俳優の松重 豊さんが広告塔として採用されており、家をがっちりと守ってくれそうな安心感があった記憶があります。

スルガ建設側からは最初の打ち合わせの際に。2×6で制震ダンパーもあることから非常に地震には強い!と言われていました。この時に耐震等級についてしっかりと確認をとっておけば良かったのですが、それを気にすることなく、あぁそうなんだーと進めてしまいました。。

問題に気付いたのは先日火災保険の申し込みを行う際でした。
地震保険を選択する際に、耐震等級を選択する欄があり、あれ、我が家の耐震等級はどうなっているんだ?耐震等級3は取れているのか?となりスルガ建設に確認しました。

その回答がこちら

今回、耐震等級を取得していませんので耐震等級割引は適用できません。

耐震等級割引がないことで我が家の火災保険料(地震保険5年分)は約+6万円でした。
一般的に耐震等級を取得するための費用がおよそ20万円程度とのことなので、20年で取得費用の元は取れることになります。
コスパコスパって散々言ってきたのに、スルガ建設側からは耐震等級に対しての確認は打ち合わせ時には一度もありませんでした。。

確認しなかった私も悪いのでしょうが、プロである工務店側から話がなかったというのは問題だと思います(怒)

間もなく竣工のタイミングでは申請も期限を過ぎています。。
俗に言う耐震等級3相当ですか?という問い合わせには

自由設計で間取りをいじったため、壁量が不足しており、耐震等級3相当でもありません。

※上記コメントは電話での口頭説明だったため、正確ではないかもしれませんが、こんな感じの説明でした。。

スルガ建設の言い分としては耐震等級は柱や壁量から算出するものであり、2×6の耐震性は考慮されない。また、壁量が不足してしまう分制震ダンパーを取り入れて地震に強い家になっているというものでした。

いや、間取り検討していた時に、Y軸方向の壁量足りなくて制震ダンパーが付けられなくて壁を追加する必要があるかもとは言われたけど、耐震等級に関する話は出ませんでしたけどね。。
むしろコスト削減で制震ダンパーのランクを下げる提案なら受けましたが。。

プロとして施主の要望にそこは壁量が不足してしまうため、ここには壁が必要ですとしっかりと伝えて欲しかったです。

自分で納得して耐震等級取らないと決めたのなら良いですよ。
耐震性よりも間取りを重視するのも施主の自由ですからね。

しかし我が家に関しては耐震等級の取得有無に関しては1度も話にあがりませんでした。
私なら確実に間取りを変更して耐震等級3をとりにいっていました。
これは安心ということもありますが、それ以上に地震保険のコストメリットを考慮してです。

耐震等級なんて計算すれば出せるので、耐震等級割引がなければ3相当で良いです。
でも耐震等級割引を得るためには約20万を払って耐震等級3をとる必要があります。
他にも免振住宅なら同じ割引率ですが、イニシャルコストが高額になってしまうため、コスパで考えた際に現実的ではありません。

スルガ建設側には打ち合わせの際には散々コスパコスパと連呼していたのに今回の対応は非常に残念です(怒)

一応スルガ建設側からもお詫び?の意味で追加で掛かってしまう分の費用を折半しませんか?
と言っていただきましたが、どうせなら5年分の料金ではなく、35年分(6×5/2=15万)は見てほしいところです。

社長見てますか!?宜しくお願いします!!

火災保険料も将来的には更に上昇しそうなので耐震等級を取得出来なかったコスト増はもっと大きくなりそうですけどね(-_-;)

車の自動ブレーキ割引のように制震ダンパーがあることで地震保険が安くなれば良いなと思います。とゆうか将来的にはなるでしょうね。

というわけで長くなりましたが、

我が家は耐震等級3でも3相当でもないただの2×6で制震ダンパー付の家ということになります(T_T)

あー、宝くじ当ててもう一軒建てたい(笑)

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: 上物

現場確認 ~吹き抜け出現~

どうも気密試験で少し落ち込んだしょーじんです。

気密試験に関しては完成時試験を行っていただくことを前向きに検討いただけるとのことで
少し活力が湧いてきました(^-^)

さて、本日も時間を見つけて見学してきました。
いよいよ引っ越しまで1か月を切ってきたので、家造りも終盤です。

今回は明るさ確保、空気循環、床面積削減、オシャレ?目的で導入した吹き抜けが出現していました。
というのも今までは工事の兼ね合いで床にベニヤ板が張られていて、 吹き抜けは封じられていたのです。

ベニヤ板が張られた吹き抜け部分

⇓⇓⇓⇓⇓

小屋裏部分から見下ろして撮った吹き抜け

明かり取りのFIX窓も良い感じです♪

工事は外壁も張り終わり、これからいよいよ内装工事のクロスが貼られていくところになります。

我が家の南から見た外壁の様子

外壁は白を選んだのですが、曇っている時だと結構灰色っぽく見えますね。
タイル調にしたのですが、結構良い感じです(*^▽^*)

前回はコーキングがまだされていなかったのですが、今回はコーキングもされていました。
予算の兼ね合いでコーキングレスのサインディングには出来なかったので、
せめてもの抵抗で高耐久シーリングにしてもらっています。

北側玄関部分は黒と木目調を取り入れた見た目なのですが、
写真を撮り忘れてしまったので、また今度紹介します。

それではこの辺で失礼します。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
カテゴリー: C値住宅性能

気密試験結果発表~中間検査 C値:0.46~

どうもしょーじんです。

昨日は気密試験に立ち会ってきました。噂のバズーカ砲も見れました\(^^)/

結果を発表しますと以下の数値でした。

1回目:0.44≒0.4

2回目:0.58 ※扉の開閉があったため、無効

3回目:0.47≒0.5

平均 :0.46≒0.5

うーん、基準値はクリアしていたのですが、正直もう少し良い値を期待していただけに少々残念でした。

ショックでblogを書くのが1日遅れました。。嘘です飲み会で遅れただけです。まぁショックはショックですが(^_^;)

気密試験を行った業者の方の話では、玄関ドアの気密処理が終わっていなかった為、目張りをした。完成時に測定すれば玄関ドアの気密と壁紙も貼られて、もう少し数値は良くなると思うとの事でした。

うーん、どうなんでしょう。玄関ドアの気密処理は確かにこれからで現在は穴が空いてる状態(配線用の穴?)だったのですが、目張りをしていれば、試験の数値には影響しないような気もします。壁紙はなんとなく多少良くなるのかな?

今でも充分に高気密であるということは分かってはいるのですが、やはり他の高気密住宅に住んでいるブロガーの方のC値を見てしまうと、高望みをしてしまいます。

今のところ気密試験は中間検査のみの予定なので、完成時検査を行わないのかスルガ建設に確認してみます。

一応中間と完成の2回測定を行う場合は営業判断になるが、料金割引が入るとの事でした。

我が家はUA値は神奈川最高クラスと設計士さんから伺っていますので、断熱性に対して気密性がまずまずというのは少々寂しい気がします。。

    ⇓⇓ブログ村に参加しています。ポチッとクリックいただると励みになります⇓⇓ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村