紆余曲折のマイホーム建築記

プロパンガス 業者選定① ~プチトラブル~

お盆休み明けに体調を崩して喉が痛いしょーじんです。

今回はプロパンガスの業者選定についての記録です。

我が家は補助金の関係でエコワンというハイブリッド給湯器を使用することになったのですが、都市ガスが通っていない為、プロパンガスを使用することになります。

ガス業者選定にあたってはenepi(エネピ)というガス業者の比較サイトを利用しました。
我が家の場合、8社から案内があり、料金が安い2社に問い合わせを行いました。
(基本料金1500円、従量料金280円)

さて、そんな中工務店から普段取引しているガスの供給業者の紹介を受けたのですが、料金が高くて(基本料金1500円、従量料金410円)まるでガスの設備等について、貸与契約を結んだ際の金額でした。

工務店にこの金額はガス供給のみですか?それとも設備等の貸与契約を含んだ上乗せされた金額ですか?
と質問したところ、LPガスの設置・配管費用は全て込みの供給時の金額となりますとの回答でした。

ん?つまりはガス配管費用等は当初の見積もりには含まれておらず、別途金額がかかるということ?
そんな話契約時から打ち合わせの際まで一度も聞いてなーい(# ゚Д゚)

ガスの貸与契約については下記リンク先の情報をご参照ください。

プロパンガスの設置工事費が無料!?「無償貸与契約」とは

つまりガス業者が初期費用を負担する代わりに、月々の使用料に金額を上乗せしてその分(実際はそれ以上)を回収するという事です。
これは建築業界で広く行われており、私の現在住んでいる建売物件でも都市ガスの配管は家の前を通っているのにプロパンガスを契約させられました。。悪しき風習としか言えません。
(施主が納得したうえで貸与契約を選ぶのであれば問題ありません)

工務店側には貸与契約をする気はないが、ガス配管等の費用については説明を1度の受けていないため、
費用がかかると言われても納得できない旨を伝えました。
それに対し工務店側からも今回は説明を怠っていたため3~5万円程度のガス配管等の費用については請求しないという回答をいただきました。
(給湯器に関しては見積もりに計上済みのため、ガス配管等についてのみになります)

今回は工務店側が非を認めてくれたため、追加の費用は掛かりませんでしたが、
家造りも終盤になって納得のできない出費は避けたいですよね。

施主は素人ですので、見積もりにガス配管の工事代金が含まれていないことまでは把握することができません。
(私の場合は)
工務店側がしっかりと説明をしていただき、納得のいく家造りが行われることを望みます。

Exit mobile version